国分寺台自治会会則

(名称および範囲)

第1条 本会の名称は、国分寺台自治会とし、その範囲は第1町内会から第8町内会をもって

   構成する。事務所を国分寺台自治会館(海老名市国分寺台2-10-23)に置く。

 

(目 的)

第2条 本会は、当地域内会員相互の親睦を図り、安心、安全・明るく住みよい街つくりを目的とする。

 

(会 員)

第3条 会員は、当地域内に居住または店舗、事務所を営む個人、法人で構成し、次の権利と義務

   を有する。

   ⒈ 会員は、役員を選出しまたは選出される。

   ⒉ 会員は、本会の会計簿および運営に係わる書類を自由に閲覧することができる。

   ⒊ 会員は、会の運営に必要と思われる事項を本会に進言し、要請することができる。

   ⒋ 会員は、規定の入会金および自治会費を納付する。

   ⒌ 会員は、会則を守り、会の運営および行事に協力する。

 

第4条 本会は、第2条の目的を達成するため、次の部を置きそれぞれの業務を行う。

 

   ⒈ 総務部

    ⑴ 会員および各部との連絡調整に関すること。

    ⑵ 会員の構成に関すること。  

    ⑶ 会員の意見・要望に関すること。

    ⑷ 各種会議・行事などの開催に関すること。

    ⑸ その他、他の部に属さないこと・

 

   ⒉ 厚生文化部

    ⑴ 文化・体育・レクリエーションに関すること。

    ⑵ 地福協と連携し、地域の福祉活動の推進に関すること。

    ⑶ 青少年の健全育成に関すること。

 

   ⒊ 防犯部

    ⑴ 防犯課工藤の推進と啓発活動に関すること。

    ⑵ 防犯パトロールの活動推進に関すること。

    ⑶ 交通安全活動と挨拶運動に関すること。

 

   ⒋ 防災部

    ⑴ 防災活動の推進と教育、啓発に関すること。

    ⑵ 自主防災組織の運営に関すること。

    ⑶ 防災訓練の企画と運営に関すること。

 

   ⒌ 環境部

    ⑴ 児童公園の清掃美化に関すること。

    ⑵ 地域の環境向上に関すること。

    ⑶ ゴミ集積場の維持管理に関すること。

 

   ⒍ 広報部

    ⑴ 広報紙「国分寺だより」の発行に関すること。

    ⑵ 国分寺台自治会のホームページの発行に関すること。

     ⑶ その他の広報に関すること。

 

(役員組織)

第5条 本会の役員は、本部役員と常任委員で構成し、次の役員および事務局を置く。

     会長       1 名 本部役員

     会計       1 名  同上

     副会長       2 名  同上

     監査       2 名  同上

     町内会長      8 名(ただし常任委員を兼ねる。)

     副町内会長     16 名(同上)

     その他の常任委員   (会長が必要と認めた者)

     班長    各班 1 名(班の構成は20戸を標準とする。)

     事務局     若干名(ただし常任員会の決議権はない。)

 

(役員の任務)

第6条 役員の任務は、次のとおりとする。

   ⒈ 会長は、本会を代表し、会務全般と統括する。

   ⒉ 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があった場合はその職務を代行する。

   ⒊ 常任委員は、各専門部に属し、常任委員会に出席し、審議に参加する。 

   ⒋ 町内会長は、町内会を運営し、随時町内班長会を開催し、必要な事項を話し合う。

   ⒌ 副町内会長は、町内会長を補佐し、町内会長に事故があった場合はその職務を代行する。

   ⒍ 班長は、町内会長と連絡の上、班内の一般的事項を処理する。その処理事項は、次の

    とおりとする。

    ⑴ 会費、募金の収納

    ⑵ 連絡書類の回覧・配布を行う。  

      方法については班長に一任する。

    ⑶ 班内の要望事項等を把握し町内会長に連絡する。

   ⒎ 会計は、金銭収支の経理事務にあたる。

   ⒏ 監査は、会計を監査する。

   ⒐ 事務局は、自治会活動の諸業務を支援する。

 

 

(役員の選出と任期)

第7条 役員の選出と任期は、次のとおりとする。

 (選 出)

   ⒈ 会長、副会長は、以下の方法で選出する。

     選挙管理は選挙管理委員会が掌り、選挙管理事務は総務部があたる。選挙管理委員会

    の構成は、各部の副部長と常任委員より選出された2名の合計8名とする。

    ⑴ 立候補を募る。(立候補者は、5名以上の推薦者を必要とする。)

      立候補者が複数の場合は、会員による選挙を行う。

    ⑵ 立候補者1名の場合は、現常任委員と新常任委員により無記名の信任投票を行う。

     信任は、出席者の過半数とする。

    ⑶ 立候補者の無い場合および(2)項で不信任の場合は、推薦委員会にて決定する。

     (推薦委員会の構成は、総務部長を除く現部長5名と、町内会長8名とする。)

      立候補者の無い場合および推薦委員会不調の場合は、新常任委員会の互選により決定

     する。

   ⒉ 町内会長及び副町内会長は、町内会員から選出する。

   ⒊ 常任委員は、各町内会より選出する。

     なお、必要ある場合、会長がこれを委嘱し総会の承認を得る。

   ⒋ 会計および監査は、会長がこれを委嘱し、総会の承認を得る。

   ⒌ 班長は、班内から選出する。

   ⒍ 事務局は、常任委員会の承認を得て、会長がこれを委嘱する。

 

(任 期)

   役員の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。補欠による役員は、前任者の残任期

  とする。

    再任とは、連続して同任務に就くことと定義する。

   ただし、会長の任期は1期2年とし、再任は1期(連続4年)までとする。

(再任手続)

    会長、副会長は、任期終了4ヶ月前に任務継続確認書を選挙管理委員会に提出するものとし、

  任務継続確認書は立候補届とみなす。他に立候補者のいない場合、推薦委員会が再任の可否を

  決定する。

 

(顧問および書記)

第8条 本会は、顧問および書記を置くことができ、会長がこれを委嘱し、総会で承認を得る。

 

(機 関)

第9条 本会に次の機関を置く。

   ⒈ 定期総会

   ⒉ 臨時総会

   ⒊ 常任委員会

   ⒋ 各部委員会  

   ⒌ 班長会議

   ⒍ その他、必要に応じ特別委員会を設置することができる。

 

(会 議)

第10条 本会の会議開催は、次のとおりとする。

   ⒈ 総会は会長が会員を招集し会議を開く。

     議長は、会員の中より選出する。

   ⒉ 定期総会は年1回。臨時総会は、必要に応じ随時開催する。

   ⒊ 議事は、出席者の過半数を以て決定する。

     賛否同数の場合は、議長が決定する。

   ⒋ 常任委員会は、会長、副会長、会計、監査、町内会長、副町内会長、その他の常任委員

    および顧問が出席し、議事は多数決によって決定する。

 

(総会に付議する事項)

第11条 総会に付議する事項は、次のとおりとする。

   ⒈ 報告事項

    ⑴ 事業報告

    ⑵ 役員選出に関すること。

   ⒉ 審議事項

    ⑴ 予算、決算に関すること。

    ⑵ 会則の制定、改廃に関すること。

    ⑶ 事業計画に関すること。

    ⑷ その他、必要と認められること。

 

(経 費)

 第12条 本会の経費は、会費その他の収入をもって充てる。

 

(会 計)

第13条 本会の会計年度は、毎年4月1日から始まり翌年3月31日に終わる。

 

(褒章など)

第14条 会員に対する褒章、災害見舞金、弔慰金などは、内規による。

 

(個人情報の取扱い)

第15条 本会が自治会活動を推進するため必要とする個人情報の取得、利用、提供および

   管理については。細則「個人情報取扱いについて」に定め、適正に運用するものと

   する。

 

(付 則)

   ⒈ この会則に定めた以外の本会の運営管理上必要な事項は、内規で定める。

     ただし、内規の制定および改廃は、常任委員会で審議の上決定する。

   ⒉ この会則は、昭和45年4月1日から施行する。

   ⒊ この会則は、昭和46年2月21日の臨時総会にて改正し、同日から施行する。

   ⒋ この会則は、昭和49年4月21日の定時総会にて改正し、同日から施行する。

   ⒌ この会則は、昭和63年2月21日の臨時総会にて改正し、同日から施行する。

   ⒍ この会則は、平成5年3月14日の臨時総会にて改正し、4月1日から施行する。

   ⒎ この会則は、平成16年4月29日の定時総会にて改正し、同日から施行する。

   ⒏ この会則は、平成21年4月29日の定時総会にて改正し、4月1日から施行する。

   ⒐ この会則は、平成23年4月29日の定時総会にて改正し、4月1日から施行する。

   ⒑ この会則は、平成24年4月29日の定時総会にて改正し、4が圧1日から施行する。

   ⒒ この会則は、平成28年3月27日の定時総会において改正し、3月1日から施行する。

 

 

細  則

 

 国分寺台自治会 個人情報取扱について

 

(目 的)

第1条 この取扱方法は、個人情報が慎重に取り扱われるべきものであることに基づき、本会が保有

   する個人情報の適正な取扱に関する事項を定めることによって、事業の円滑な運営を図り、

   個人の権利利益を保護することを目的とする。

(責 務) 

第2条 本会は、個人情報に関する法令等を遵守するとともに、自治会活動において個人情報の保護

   に努めるものとする。

(個人情報の取得)

第3条 本会は、「自治会加入申込書」、「災害時要支援者名簿」などを、会員または会員になろうと

   するものから受理することにより、個人情報を取得するものとする。

    本会が会員から取得する個人情報は、自治会加入申込書記載事項(氏名、住所、電話番号)、

   災害時要支援者名簿記載事項(住所、氏名、性別、年齢、血液型、電話番号、携帯電話番号、

   緊急連絡先)およびその他連絡事項などで会員が同意する事項とする。

(利 用)

第4条 本会が保有する個人情報は、次の目的に沿った利用を行うものとする。

  ⑴ 会費請求、管理、その他文書の送付など。

  ⑵ 自治会役員名簿の作成および自主防災隊組織図の作成

  ⑶ 災害時における要支援者の支援活動

(管 理)

第5条 個人情報は、自治会長または自治会長が指定する役員が保管するものとし、適正に管理する。

   不要となった個人情報は、会長立ち会いの下で、適正かつ速やかに廃棄するものとする。

(提 供)

第6条 個人情報は、次に掲げる場合を除き、予め本人の同意を得ないで第三者に提供しない。

  ⑴ 法令に基づく場合

  ⑵ 人の生命、身体または財産の保護のために必要な場合

  ⑶ 公衆衛生の向上または児童の健全育成の推進に必要がある場合

  ⑷ 国の機関若しくは地方公共団体またはその委託を受けた者が、法令の定める事務を遂行す

   ることに対して協力する必要がある場合

  ⑸ 個人情報のうち役員に関するものについては、自治体、自治会関係団体、これらに準ずる

   公共目的の団体・学校が、自治会に関わる事務を遂行することに関し、協力する必要がある場合